チェロブーム到来か!?小島秀夫監督最新作『DEATH STRANDING』をチェロ奏者が観る!

今大注目のゲームがあります。

あの大人気ゲーム『メタルギアソリッド』シリーズを生み出した

小島秀夫監督最新作『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』です。

海外ハリウッドの大物映画監督からも高い評価を受け、ゲーム業界に革命をもたらした小島監督。

 

不思議な映像、今までのゲームからは想像もつかないゲーム性、魅力的なキャラクターの数々……

KONAMIの制作チームを外れ新しいスタートを切った小島監督が描く世界とは。

 

ヌビさん
何を隠そう、私ヌビアは「メタルギアシリーズ」の主題歌を歌った方と

チェロでステージをやっております!

謎に包まれたゲームの全貌

今まで何本かの告知映像が発表されてきましたが、

いまだに「どんなゲームなのか」「何をするゲームなのか」もはっきりと見えてきません。

ですがそれが映画の告知のように期待感を高めています

 

映像の中には近未来的な映像から、第一次世界大戦の時のような映像まで登場します。

「つながり/ Connection」というキーワードがたくさん登場することから、

過去・現在・未来という時系列が関係してくるのでしょうか……

 

※追記
2019年9月の東京ゲームショウで「いいねをもらいながら、世界中のプレイヤーと交流し助け合いつつ

ミッションを進め、世界を繋げていくゲーム」であり、

これを「ストランドゲーム」と名付けている、ということが明らかにされました。

 

どうやらまったく新しいゲームになるようです、これについては別に記していこうと思います。

ヌビさん
筆者も発売が今からメチャメチャ楽しみです!
【公式】 GRAMAS COLORS×KOJIMA PRODUCTIONS iPhone8 ケース iPhone 8/7/6s/6 【 送料無料 】高級 ビジネス ギフト プレゼント
created by Rinker

Apocalyptica(アポカリプティカ)とは

そんな2019年11月発売予定の注目作の告知映像の音楽に起用されたのが、

フィンランドのバンド「Apocalyptica(アポカリプティカ)」

 

チェリスト3人とドラムという、特殊な編成のヘヴィメタルバンドです。

途中、エレキギターのような音が聞こえてきて、これはいったいどういうこと?と思った人も多いだでしょう。

 

実はこれも、チェロの音なんです

チェロをエレキギターのようにひずませることで激しい音に作り替えているのです。

 


 

チェロは弓と弦の摩擦(まさつ)で音を出すので、

その音をひずませるとギターとはまた違う分厚いサウンドになります。

また、音域が広いので、ベース、ギター、ソロ、すべてをチェロで務めることが可能なのです

 

シベリウス音楽院で学んだメンバーから生まれたバンド。

美しいクラシック楽器としてのチェロと、クラシックを超えたチェロ。

その両方を楽しめるのがアポカリプティカの魅力でしょう!

 

 

本作ではオリジナルの「PATH」に加え、

ゲストボーカルとしてSandra Nasicの歌が入った「PATH Vol.2」が使用されています

ぜひ今後も『DEATH STRANDING』とともに、『Apocalyptica』もチェックして下さい

 

(画像:『DEATH STRANDING』公式サイトより引用)
https://www.jp.playstation.com/games/death-stranding/

最新情報をチェックしよう!
>ゴーシュの日記

ゴーシュの日記

プロのチェロ奏者・作曲家である管理人が皆さんのお役に立つ情報を配信してまいります。クラシックだけでなくロック・ポップス・EDM・R&Bなどなど、ジャンルにとらわれず、様々な音楽や楽器の魅力を知って頂くきっかけになればいいなと願っております。

……あ、それともう1つ。SNS・YouTubeなど、よろしければぜひ。