【私論】ヒップホップの流行やYouTubeから厨二コンテンツの可能性を考えてみた

この前、「僕の考える音楽について」を書いたら結構な数の反応を頂いた。

 

賛否含めて大変嬉しい。僕と合う合わないがハッキリしたのだから、余計な対立を防ぎ、新たな仲間を見つけることができた。
そして違う角度からのコメントは、僕の視野を広げてくれる。

【海外に移住したい】HUBで海外の「友人」とチェロを即興演奏しながら思ったこと

あと、否定的意見ではなく、いわゆる厄介アンチ行為をする方はこういうことを知ってほしい。

あなたが頑張って記事を読み込んで叩くたびに、僕に広告収入が入るよ。

 

ヌビさん
さて、それでは本題に入ろう!

ヒップホップの再興

僕はもともとヒップホップに少し興味があって、
KEN THE 390さんとか、当時は批判を少なからず浴びていたSKI-HIさんとか、よく聞いていた。

 

そして「フリースタイルダンジョン」っていう番組を放送開始の時から見て
「これ面白いなー、ハマってるの僕だけかなー」とか思っていた。

 

「フリースタイル」と呼ばれるラップバトルを、「モンスター」と呼ばれるボスを倒しながら勝ち上がる、というルールの下で行うという、

地上波で放送するのには挑戦的な番組だった。

 

でも、おやおや?

どんどん情勢は動き、今では日本は空前のヒップホップブームだ。
1980年代後半から始まった日本のラップは再び隆盛を見せ、「アンダーグラウンド」の一言で片付くものではなくなった。

 

一体この流れはなんだろう?

何がみんなの心を揺さぶるんだろう。

 

「言いたい」のに「言えない」世界

SNSYouTubeが社会に浸透して、老若男女誰でも自由に考えを発信できるようになった

それによって、今まで見えなかった人の心の中がまざまざと見えるようになった

 

それによって窮屈している人もたぶん多くて、人の目や言葉を気にして傷ついたりすることも多くなったと思う。

誰かを意図せず傷つけて、そして簡単にリンチされてしまう

 

僕らは言葉を発することにどんどん敏感になってくるし、

そして僕らは、簡単に人をリンチできるようになってしまった。

 

それでも、みんな誰かと繋がっていたくて、「そういうツールを必要としている人が多い」から、

一度このツールを使う喜びを知ってしまうともうやめられない。

 

前にも書いたけれど、日本人は「村社会意識」だから、

自分とは違う意見の人をとことん排除したいし、村八分(裏切り者扱い)したいらしい。

 

こうなってくると起こるのが、

 

言いたいことを言える場所が増えているはずなのに、
なぜかどんどん言いたいことが言えなくなる

という矛盾。

 

そんな時に現れたのがフリースタイルラップだ。

 

少し乱暴な言葉遣いではありつつも、言いたいことをハッキリ言う。そして相手の主張にはっきりと返答するために、誠実に向き合う。
そしてバトルが決着すれば、握手をして終わり。

 

僕らは他人だ。

 

だから程よい距離で、互いの正義をぶつけ合う。

きっと皆んながこんなコミュニケーションを求めているから、このブームが始まったのではないかな、と思う。

 

僕らは今「代弁者」を求めている

今世の中を賑わす人たちは大体、自分の意見をハッキリ言える人だ。

レペゼン地球とか、N国党とか。(彼らが良いか悪いかは今は置いておこう)

 

多くの人は自分の言いたいことをハッキリ言えない環境にいる。こんなになんでも発信できる状態なのに、だ。

そんな中で、社会の流れに飲まれずハッキリと物言いをする人たちは、賛否はあれど輝いて見える。

 

皆はそれぞれ、自分の意見を強い形で代弁して訴えてくれる人や、

 

 

そういう時に僕が思うのは、「厨二病的なストーリー」だ。

 

前にTwitterで「あなたにとって厨二とは?」というアンケートをとってみた。
そうすると聞こえてくるのは「カッコいい脇役・悪役」「長くて一見解読不能な呪文・詠唱」などいろいろだが、

 

なかでも「正義と正義のバトル」「自分が特別な力を持つということ」に惹かれる、という意見がとても多かった。

 

 

 

これを踏まえて、「厨二コンテンツ」って、今の世の中こそ輝く物語なのでは?と僕は思う。

ハッキリと言えないようなことも、輝かしい登場人物が「これが俺の正義なんだ!」と高らかに宣言して戦ってくれる。

 

たとえそれが自分の考え方には合わなくとも、そういう姿は僕らを勇気づけ、奮い立たせてくれる。

 

Fateシリーズ、Dies iraeなどの輝かしいタイトルに続き、

厨二コンテンツがもっとも輝く時があるとしたら、今ではないのか。

 

もちろんどういう形で販売するのか、などは柔軟に変えなければならないと思うが、

僕はぜひ、今こそ新しいムーブメントが生まれればと切に願っている。

 

ヌビさんの独断による厨二コンテンツの宣伝

 

◆2019年冬コミにて発売予定『パラシトスシンドローム』

厨二音楽を極めし作家陣が集う、楽曲CD制作企画

Produced by ヌビア

Music by ヨナオケイシ、Offshore、ヌビア

Scenario すさのを

Illustration kuro太

 

『Dies irae』正田崇・Gユウスケによる最新作(ヌビさんも個人的に応援しております)

『黒白のアヴェスター』

最新情報をチェックしよう!
>ゴーシュの日記

ゴーシュの日記

プロのチェロ奏者・作曲家である管理人が皆さんのお役に立つ情報を配信してまいります。クラシックだけでなくロック・ポップス・EDM・R&Bなどなど、ジャンルにとらわれず、様々な音楽や楽器の魅力を知って頂くきっかけになればいいなと願っております。

……あ、それともう1つ。SNS・YouTubeなど、よろしければぜひ。