チェロ上達の秘訣は人前で弾くことにあり!?演奏会のステージに立とう!

なかなかチェロが上手くならない、練習してもなかなか弾けるようにならない……というお悩みをお持ちの方は多いはず。

先にズバリ言いましょう、その1番早い解決策は「人前で弾く」です。

なぜ人前で弾くことが必要なのか?

それは人前で弾くことが「程よい緊張感」「そこまでに仕上げなければという不可避の目標」を練習の際に与えてくれるからです。

それは本気でプロを目指したい人にとっても、楽しくチェロを弾きたい人にとっても、心地よい刺激と達成感をもたらしてくれると思います。これはチェロに限ったことではありませんね!

人前で弾く、という目標が設定されると「人には自分の演奏はどう聞こえているのか」を意識するようになって、

結果、自分の音をよく聞けるようになり、自分の演奏に正確に向き合えるようになります!

さらには、誰かからの評価を聴けるというのも大きなポイントです。褒められたり、弾く場所によっては批判されたり、そういう経験があなたの演奏の実力をグイと高めてくれるでしょう。

ヌビさん
幼い頃から子どもたちがコンクールなどを受けさせられたりしているのは、賞を取ることが第1目的ではなく、目標に向かって頑張る経験をすることが1番だと思っています。

どこで何を弾けばいいのか?

弾くもの、弾く場所は何でも大丈夫!

まず場所については、

例えば町内会のイベントで弾く、仲間と病院・福祉施設で演奏してみる、セッションバーで弾く、誰でも参加できるコンサート企画などに応募してみる、など色々な方法が考えられます!

弾く曲は、その場所にふさわしい曲を選ぶのが良いでしょう。

私は、例えば病院なら民謡・童謡・唱歌などを選びますし、大人から子供まで見ている場所なら流行のJ-POP、コンサートならバッハの無伴奏チェロ組曲、バーならFly me to the moonなど……

聴く人が何を求めているかを考えるようにすると、拍手は何倍にもなることでしょう!

人前で弾く場所がないときは?

とはいっても、いきなり自分で弾く場所を見つけたり申し込んだりするのは勇気が必要ですし、大変です。

曲によっては伴奏してくれる人も見つけなければいけませんし、何より1人で弾くという第1歩を踏み出すのは誰にでもできることではありません。

そこで……

ヌビさん
私と一緒にチェロを舞台で演奏しませんか!

私ヌビさんは、レッスンと一緒に演奏会の機会を定期的にご用意しています。

クラシック、ポップス、童謡、ジャズ曲……どんな曲でも構いません。ぜひ一緒に舞台で演奏しましょう!

詳しくはこちら!

チェロレッスン

最新情報をチェックしよう!
>ゴーシュの日記

ゴーシュの日記

プロのチェロ奏者・作曲家である管理人が皆さんのお役に立つ情報を配信してまいります。クラシックだけでなくロック・ポップス・EDM・R&Bなどなど、ジャンルにとらわれず、様々な音楽や楽器の魅力を知って頂くきっかけになればいいなと願っております。

……あ、それともう1つ。SNS・YouTubeなど、よろしければぜひ。