【最初に読むべき】初心者セットは買わないで!チェロの買い方、選び方

チェロを始めたいけれど、どうやって選べばいいか……知り合いもいないし……

安い買い物ではありませんので一番最初のパートナーを選び方はとても重要です。どうすればいい楽器を選べるのか、ポイントとともにじっくり見ていきましょう

ヌビさん
値段はピンキリだから、そりゃまあ高い楽器を選べばある程度いい音は出るんだけどね!
まず最初にこれだけは!!要注意!!

1年以上続けたいならネットで買わないで!!

よくネットに「初心者用チェロセット」というのが4万円くらいで売っています。
楽器、ケース、弓、松脂(まつやに)、弦、譜面台などがセットでこのお値段。一見とてもお買い得に見えますが、趣味・部活・習い事で1年以上続けたいならゼッタイ損になってしまいます!(1年以内でまずは様子を見よう、という人なら許容範囲かも)

・ケースがソフトケース

付属のケースは「ソフトケース」と呼ばれる布でできたもので、柔らかいのでとても衝撃に弱い状態です。チェロは楽器の性質上、レッスンにしても演奏にしても持ち運びをすることがとても多いので楽器の安全面から見てとても危ないです
チェロは木製なのでちょっとしたことで簡単に壊れてしまいます
また、雨や湿気も防いでくれません。チェロは何より湿気に弱い楽器です、濡れようものなら一瞬でオジャンです
さらに、部屋に立てることもできないので、不安定な状態で壁に立てかけるしかなくなります。ちょっとペットが触った節や、少し足を引っかけてしまって……なんて時にすぐ倒れてしまいます
ヌビさん
ハードケースでも倒れますし、倒れると楽器は本当に壊れます(1回新幹線の中で倒して亀裂を入れました)
そもそもソフトケースは元々安く買えるものなので、セットにした時の魅力はまったくと言っていいほどありません
EASTMAN CASE チェロハードケース 「スタンダードプラス」《チェロケース》【送料無料】イーストマン
created by Rinker

・弦、松脂の質が悪い

4万円のセットで扱われている弦で弾いたことがありますが、音の鳴りが曇っていてとても弾きにくいです。これがどういうことを引き起こすかというと、

音が強く鳴らない→もっと強く弾かなきゃ→肩に力が入る→間違ったフォームが身につく

などということになります
松脂(まつやに)は、弦を擦って音を出すために弓に塗るものですが、これも同様に質が悪いと音が綺麗に出なくなり、結果間違った演奏を身に着けることにつながります
ヌビさん
すべて最高級品を揃えろというわけではないけれど、1番最初だからこそ最低限のものを揃えるようにしたいね!
Spirocore スピロコア チェロ弦 SET 各サイズ
created by Rinker
Hidersine ハイダージン 6CDL 松脂 チェロ用
created by Rinker

・何より楽器そのもの音が悪い

これが私が初心者セットをおすすめしない最大の理由です、これに尽きます
理由は弦・松脂と同じです、正しい楽器を選ぶことが上達の一番の近道なんです
さらに言うと、初心者用のチェロは機械による量産品なので壊れやすいという特徴もあります。もう1つ楽器を買うことになるなら、最初からある程度しっかりした楽器を選びたいですね!
ヌビさん
今まで2回、初心者セットのチェロが壊れるのを見ました。1つは弦を張っている時にひびが入り、もう1つはなんと縦に真っ二つに割れました(笑)

自分に合った楽器を買うには?

ズバリ、専門の楽器店に行くことです!

新宿や渋谷に店舗を構えるクロサワ楽器店さんは、プロも愛用する楽器店。私も良く新宿店を利用していますが、スタッフは皆さん楽器に詳しい専門家ばかりです!普通のチェロはもちろん、エレキチェロや小物まで幅広く扱っていらっしゃいます
お近くに大きな店舗がないときは、小さな楽器店さんに電話してみるのもいいでしょう。私が利用しているチェロ販売店&工房の『カポラレ・オチャンド CAPORALE & OCHANDO』は、あのGACKT様でおなじみ「芸能人格付けチェック」にも楽器を提供している、知る人ぞ知るチェロの名店です。
オリジナルのヴァイオリンの製造なども行っており、常に一流の職人さんが店舗に在中していらっしゃいます。
専門の方に予算やその他ご希望を伝え、実際に弾かせてもらい、自分の気に入ったあなただけのチェロを選びましょう!
最新情報をチェックしよう!
>ゴーシュの日記

ゴーシュの日記

プロのチェロ奏者・作曲家である管理人が皆さんのお役に立つ情報を配信してまいります。クラシックだけでなくロック・ポップス・EDM・R&Bなどなど、ジャンルにとらわれず、様々な音楽や楽器の魅力を知って頂くきっかけになればいいなと願っております。

……あ、それともう1つ。SNS・YouTubeなど、よろしければぜひ。