【和訳解説】TheFatRat & AleXa (알렉사)『Rule The World』を和訳・解説!

 

こんにちは、作詞家・作曲家のヌビアです。

このブログをご覧頂いている方にはおなじみ「TheFatRat」の新曲『Rule The World』が公開されました!

 


 

彼は僕の大好きなトラックメイカーですが、

今回は韓国を舞台に活躍するアメリカ人歌手「AleXa(알렉사)」とのコラボということで

 

今まで以上にキュートで、華やかな仕上がりとなっています。

それでは早速和訳を見ていきましょう!(和訳の後には、英語の勉強に役立つ解説もあります。)

 

歌詞の和訳

Rule the world
You know we rule the world
Rule the world
You know we rule the world

世界をこの手に

私たちがこの手にするんだ

 

Sky high punching
Yeah we’re gonna have it all

天高く、突き上げた拳(こぶし)

そうさ、この空は私たちのもの

 

Cloud nine jumping
Happy

まさに、天にものぼるような

最高の気分よ

 

I got you
You got me
Engines running
We’ll be taking off at dawn

やったね、って

称えた健闘(※「やったねと言い合う」の意訳)

エンジンをふかそう

夜明けとともにテイクオフ!

 

Treasure hunting
Glory
I got you
You got me

宝物を見つけに行こう

栄光という宝物を

 

Dragons at the gate they won’t stop us
Getting to the top

行く先に、たとえドラゴンが立ちふさがっていたって、私たちのことは止められない

頂点へと突き進むだけ

 

Flying into space like a rocket
Never giving up (No we never give up)

ロケットのように宇宙へと飛び出すんだ

決してあきらめない

 

I was all alone when I started
Always been the same

始まりはたった一人だった

いつもそうだ

 

Now you’re here the journey’s uncharted
Everything’ll change

でもまだ見ぬ世界を前に今は、キミが隣にいる

きっとすべてが変わるはず

 

Thunder crashing
As we’re breaking down the walls

雷が轟(とどろ)き

そして私たちはこの壁をブチ破るの

 

Lightning flashing
Lucky
I got you
You got me

稲妻が輝く

これこそ幸運よね

 

Rainbow crossing
As we’re heading for the sun

虹がかかり

そしてあの太陽へ向かうんだ

 

Ain’t no stopping
Ready
I got you
You got me

誰にも止められないから

さあ、準備はいい?

 

Stars up high
Will guide us home
You and I
It’s time to take the throne

星は天高く輝き

私たちを導いてくれる

今こそ私とあなたで

王冠を手にするときよ

 

ポイント解説

「私たちこそが、この世界を支配する!」という

とても分かりやすい歌でしたね!

 

英語のレベルも高くないので、聞きやすいし読みやすかったのではないでしょうか。

それでは、ワンポイント解説です!

 

「cloud nine」=「最高に幸せ、有頂天」

これは英語でよく登場する言い回しですので覚えておきましょう!

パッとこれが会話の中で思い付けたらカッコいいですね。

 


 

由来は、僕も調べるまで知りませんでしたが、こういうことのようです。

語源は諸説ある中で、1895年に発行されたInternational Cloud Atlas (国際雲図帳)に記された10種類の雲のうち、9番目の積乱雲(入道雲とも)が最も巨大で、低空から非常に高い高度まで伸びる雲であったため、その上に乗っているような浮かれ具合を表す、という説があります。

 

 

「cloud nine」=「最高に幸せ」「有頂天」

※歌詞では、その前に「空」に関する記述があったので「天にも昇るような」と訳しました。

 

参考にしたサイトはこちら。

ビジネスを成功に導く英会話学習の旅を楽しくする、動画チャンネル。 Bizmates Channel

講師は全員ビジネス経験者。モチベーションを高める独自のレベルアップシステムが特徴のビジネス特化型オンライン英会話のビズメ…

 

Ain’t no stopping

本来は「Ain’t」とは「am not」の略であり

そう考えると「(I) am not no stopping」となりそうですが、それだと意味が通りません。

 

しかし、これはいわゆる「くずした言い方」であり「若者の言葉」とも言えるのですが

「Ain’t」は「is not, are not, am not」どれにでも使えたりするのです。

 


 

さらに「Ain’t no」というと「~~ではないことはない……?」と混乱しそうですね。

実はこれも「二重否定」ではなくて「am not」の砕けた言い方なのです。

 

つまり、ここでの「no」は完全に無視、ただの飾りです。

以上を踏まえて、歌詞の文脈も含めてこう訳しました。

 

「Ain’t no stopping」=「(Nobody) is not stopping (us)」

誰にも私たちを止められない

 

 

さいごに

今回の曲は若者向けでキャッチ―、

かつ今どきのポップスで英語も聞きやすく、とっつきやすかったと思います。

 

ぜひ曲と一緒に歌詞も楽しんでくださいね!

他にも「TheFatRat」の曲を和訳していますので、こういう曲が好きだった方はこちらもぜひ。

 

関連記事

Oh Jesus!やってきたぜ神曲が! 大人気EDMトラックメイカーの「TheFatRat(ザ・ファットラット)」の新曲 『Close To The Sun』が公開されました。   このブログではどこよりも[…]

関連記事

人気トラックメイカーで、ヒットメイカーのDJ「TheFatRat(ザ・ファットラット)」が また新曲「Rise Up」を出しました! TheFatRatらしい、迫力のあるEDMで聴きごたえ抜群!!   […]

 

それでは、See ya!

 

スタディサプリ ビジネス英語コース

最新情報をチェックしよう!
>ゴーシュの日記

ゴーシュの日記

プロのチェロ奏者・作曲家である管理人が皆さんのお役に立つ情報を配信してまいります。クラシックだけでなくロック・ポップス・EDM・R&Bなどなど、ジャンルにとらわれず、様々な音楽や楽器の魅力を知って頂くきっかけになればいいなと願っております。

……あ、それともう1つ。SNS・YouTubeなど、よろしければぜひ。