【基本姿勢】チェロを正しい姿勢で演奏しよう!~力の抜き方と構え方~

チェロを弾き始めるとき、そして、チェロの演奏で上手くいかずに立ち止まってしまったとき。

まずはここに立ち返るべき、というのが「チェロを構える時の正しい姿勢」です。

 

ヌビさん

すでに「わかってるよ!」という人もいるかもしれませんが、

良い演奏のために一番大事な項目ですので、今一度確認してみましょう!

チェロの構え方

まず、基本となるチェロの構え方。
大事なことは「まず人間がまっすぐイスに座ること」です!

 

いつもの通り、イスに座るようにまっすぐ座り、
そこにチェロを斜めに立てかけるイメージです。

 


 

たまにチェロが真ん中に来て、人間が斜めになっている光景を見かけますが
それだと体幹がぶれてしまい、正しく力がチェロに伝わりません。

 

チェロを体に斜めに立てかけたら、チェロが演奏中にぶれないよう、
両膝で軽く挟み込んであげましょう!

 

まずは人間がまっすぐ座り

そこにチェロを斜めに立てかけるイメージで!

右手(弓を持つ手)

先ほど記事に張った演奏動画をご覧ください!
弓を持つ手は、弓に軽く捕まるようにして触れ、手首を落としています。

 

僕はよく『吊革に軽くつかまる感じで、それをそのまま高さを下げる』と教えています!
関連記事

こんにちは、チェロ奏者のヌビアです。   チェロを弾く際に「もっと音量を出したい」という 悩みに突き当たったことがある人は多いのではないでしょうか。   そして人間の心理として、音量を上げた[…]

 

……ですが正直、この弓を持つ手を正しくマスターするためには
人それぞれに合った教え方が必要です。

 

一番その人の演奏クオリティを左右する手であり、かつ一番力の抜きにくい手だからです。
その人その人のクセや筋肉の使い方、センスなどで脱力のさせ方は変わります。
関連記事

こんにちは、チェロ奏者の「須田 史寛(すだふみひろ)」です。 現在、「ヌビア」という名義で、国内外で数多く演奏活動を行っています。   芸術の秋、家の中で過ごすことが多くなってきた今こそ 学びの場として、新[…]

 

左手(指を押さえる手)

左手でマスターしておきたいポイントは2つ!
それは「指」「腕(ひじ)」です。

 

まず指は、卵を握るように、丸い形を作って弦を押さえます。
ヌビさん
僕はよく子どもの頃に『橋を架けるように』と教わりましたかね……!

 

この時、弦を押さえる指先だけに重さをのせて、
手そのものには一切力を入れない、というのがポイント。
(といっても、これも実際に指導しないとマスターはかなり難しいのですが……)

 


 

そして腕(ひじ)は、手の甲から肘までがなるべく一直線になるように、
肘を落としすぎたり、肘が上がりすぎたりして、山や谷みたいな形にならないようにしましょう。

 

先ほどの動画を見ても、腕のラインがとても綺麗にまっすぐですよね。
これを自宅で練習する場合、全身鏡を使っての練習が効果的です。

 

「指」→卵のように丸く構えて、指先だけに重さをのせる(力を入れるのではない)

「腕(ひじ)」→手の甲からのラインが一直線になるように意識する

さいごに

姿勢を整えることは、より良い演奏に直結します。

そして脱力をすることによって、適切な力を、適切な場所へ伝えることになります。

 

一番基礎、かつ一番重要な項目なので、もし行き詰まったらここに戻ってきてください。

そしてオンラインレッスンや、対面レッスンで個別にも指導していますので、興味があればこちらもぜひ。

関連記事

こんにちは、チェロ奏者の「須田 史寛(すだふみひろ)」です。 現在、「ヌビア」という名義で、国内外で数多く演奏活動を行っています。   芸術の秋、家の中で過ごすことが多くなってきた今こそ 学びの場として、新[…]

 

最新情報をチェックしよう!
>ゴーシュの日記

ゴーシュの日記

プロのチェロ奏者・作曲家である管理人が皆さんのお役に立つ情報を配信してまいります。クラシックだけでなくロック・ポップス・EDM・R&Bなどなど、ジャンルにとらわれず、様々な音楽や楽器の魅力を知って頂くきっかけになればいいなと願っております。

……あ、それともう1つ。SNS・YouTubeなど、よろしければぜひ。