【大丈夫なの!?】チェロの駒が反っているのは危険なのか解説します

自分でチェロを弾いている時、ふと「あれ……私の駒、なんか反ってない!?」と思ったことはありませんか?

弦を自分で張り替える時に、駒が反っているとなんだか怖くなってしまいますね。果たしてこれはどういう状態なのでしょうか。

ヌビさん
今回はチェロの駒について詳しく解説してみるよ

チェロの駒のしくみ

チェロの駒弦の振動を楽器に伝えるためのものです。
弦の振動は「駒→魂柱→本体」という風に伝わり、その結果、楽器本体で音が共鳴します。
そしてその性質上、張っている弦を支える役割を果たさなければなりません。
1度弦を自分で貼ってみると分かりますが、大きな楽器にかなりの力が4本分かかるので
それに耐えうるだけの構造をしていなければならないのです。

反っていること=安全

結論から言いましょう、
チェロの駒は反っていて大丈夫です!
ただし、反る方向は必ず写真のような方向になります。
理由はそれほど難しいものではありません、
上の画像で言うところの駒より上側の弦の長さと、駒より下の弦の長さをみると
駒より上の弦の長さが長いですね。
力のかかり方を考えると、それだけ駒を上側に引っ張る力が強いことになります。
なのでそれに耐えるために、あえて駒はそれとは逆側に反れているんですね。
つまり、これがデフォルトの状態なんです、ご安心ください!

駒がまっすぐ=危険!?

以上を踏まえると、駒がまっすぐな状態ということは
「弦の引っ張る力に駒が耐え切れなくなりかけている」ということになります。
これは大変危険な状態です
このまま弦が駒を引っ張り続ける or 弦をチューニングした時にさらなる力がかかった瞬間に……
駒が大破します。
ええ、それはもう勢いよく。
ヌビさん
過去にその現場を2回目にしました。すさまじいです……
駒の大破する現象は、比較的安価なチェロに多く見受けられます
駒が大破するだけならいいじゃん、と思われる方もいるかもしれませんが、
駒が壊れるとその勢いで張りつめていた弦が解き放たれ、バチィッとはじけ飛ぶので危険です。
さらに、今までかかっていた力がすべて急に失われることで、本体にひびが入ることがあります
(私もその時、本体に大きな縦の亀裂が入るのを目撃しました。)

まとめ

何はともあれ、定期的にメンテナンスをすることが一番です
駒に異常が発生する時はだいたい、弦を張り替える時やチューニングで大きなペグを回す時
そういう節に、駒がおかしいな?と思ったら、すぐに先生や楽器屋さんに相談しましょう!
最新情報をチェックしよう!
>ゴーシュの日記

ゴーシュの日記

プロのチェロ奏者・作曲家である管理人が皆さんのお役に立つ情報を配信してまいります。クラシックだけでなくロック・ポップス・EDM・R&Bなどなど、ジャンルにとらわれず、様々な音楽や楽器の魅力を知って頂くきっかけになればいいなと願っております。

……あ、それともう1つ。SNS・YouTubeなど、よろしければぜひ。