【スズキメソッド第1巻】『キラキラ星変奏曲』をチェロで演奏するポイントを解説!

こんにちは、チェロ奏者のヌビアです。

 

今回解説していくのは『鈴木鎮一チェロ指導曲集(スズキメソッド)』第1巻より

「キラキラ星変奏曲」を演奏するポイントを解説していきます。

 

ヌビさん
第1巻で最初に弾き始める曲です!

ポイントを1個ずつ解決していくつもりで見ていきましょう!

 

 

この「キラキラ星変奏曲」では、「A」~「D」の4つのバリエーションを弾くことになっていきます。

それのもとになる「テーマ」をまずは見ていきましょう。

「テーマ」→弦を変えて指を押さえる練習をしよう!

ここでの1番のポイントは

1弦(ラ弦)から2弦(レ弦)へ、スムーズに左手を移動させること

 

1段目から2段目に移る際に、1弦の開放弦から、2弦の4の指へ指を運ぶことになりますが

『指が移る前に、4の指を押さえる心の準備をする』ことが大切です!

 

4の指を押さえる時は、『しっかりと手を広げる必要がある &

力が入りにくいので弦をしっかり押さえる必要がある』のですが

 

それを心の準備ができていない状態で行うと、

音程が外れたり、力んで肩に力が入ってしまったり、一定のテンポに間に合わなかったりすることになります。

 


 

これは今後もたくさん投げかけていくアドバイスになりますが

ぜひこれを覚えておいてください。

アクション前に、心の準備をしよう

 

 

続いて、バリエーションについてですが

各バリエーションごとにポイントが違うので、一気に弾こうとせず1回の練習では1個のバリエーション

くらいの気持ちで、区切って練習するのが望ましいでしょう。

 

ヌビさん
各パターンごとにポイントを見ていくことにします

「A」→正しい弓の使い方を学ぼう

「A」でのポイントは、「正しい弓の使い方を学ぶ」です

 

このアレンジでは、テケテケテッテ、という細かい弓の動かし方になっていますので

バランス悪く弓を動かすと無駄な弓の動きが多くなったり、

指の動きと弓の動きがかみ合わなくなることにつながります。

 

ダウン弓とアップ弓、同じくらいの弓幅を使って、均等に往復させるようにしましょう。

 

「B」→アップから始まる弓の動きに慣れよう

「A」では、すべてのフレーズがダウン弓から始まっていましたが

「B」ではダウン弓から始めるフレーズと、アップ弓で始まるフレーズが交互にやってきます。

 

弓への力のかかり方の構造上、

アップ弓から始まる方が弾きにくくはなるのですが、それに慣れるのがこの「B」のねらいです。

 

アップ弓から始まる時の、力のかけ方のコツをつかみましょう

 

「C」→同じフレーズを、違う弓の向きで同じように弾こう

「B」でアップ弓で始まるフレーズに慣れてきたら

今度「C」では「ダウン弓とアップ弓で、同じフレーズを同じように再現する」ことを覚えましょう!

 

ダウン弓から始まるパターンと、アップ弓から始まるパターンで

同じフレーズを連続で弾いていくのがこの「C」のアレンジですが

ここで連続する2つが違う雰囲気になってしまうと、曲としての一体感がなくなってしまいます。

 

ヌビさん
「この人はアップから始まるフレーズが下手なのかな?」と思われてしまうかも……?
ダウン弓とアップ弓、同じクオリティーで再現できるように意識してみましょう

 

「D」→コスパの良い弓の使い方を学ぼう

「D」では最も細かい弓の往復が続きます。

 

「A」よりもさらに細かい弓の往復になってきますので、

大きく弓を動かしすぎると、弓の動きがテンポに間に合わなくなります。

音数も多いので、無駄な力を浪費してしまうことにもなってしまいます……

 

必要最低限の量の弓で、音を刻んでいくことが大切です。

コスパよく弓を動かすことを意識して、燃費よく演奏しましょう

 

さいごに

この曲がチェロの練習すべての開始点です、基礎をしっかり身に着ける気持ちで

各アレンジでのポイントと狙いをおさえて練習していきましょう。

 

この基礎の基礎が一番大事になってきますので、間違った姿勢やクセを身に着けないことが重要です。

初心者ほどこの過程は大切ですので、対面レッスン・オンラインレッスンなどをおすすめしています。

もしよろしければレッスンの様子ものぞいてみて下さいね。

関連記事

こんにちは、チェロ奏者の「須田 史寛(すだふみひろ)」です。 現在、「ヌビア」という名義で、国内外で数多く演奏活動を行っています。   芸術の秋、家の中で過ごすことが多くなってきた今こそ 学びの場として、新[…]

最新情報をチェックしよう!
>ゴーシュの日記

ゴーシュの日記

プロのチェロ奏者・作曲家である管理人が皆さんのお役に立つ情報を配信してまいります。クラシックだけでなくロック・ポップス・EDM・R&Bなどなど、ジャンルにとらわれず、様々な音楽や楽器の魅力を知って頂くきっかけになればいいなと願っております。

……あ、それともう1つ。SNS・YouTubeなど、よろしければぜひ。