【初心者必見】チェロの音がかすれる時の対処法をまとめます

こんにちは、チェロ奏者のヌビアです。

 

チェロのような「摩擦で音を奏でる弦楽器」を弾いていると

絶対に悩まされるのが「音がかすれてしまう問題」す。

 

今回はそんな場合の対処法をお伝えしていこうと思うのですが、

まず最初に1つ言っておかなければならないことが。

【音がかすれないチェロ奏者なんていない】

だってよく考えてみて下さい。チェロは「摩擦で音を出している」んです。

「こすることで音を出している」んですから、

当たり所が悪くて音がかすれてしまうなんて仕方のないことです。

 

ですがやはり、綺麗な曲で音がかすれてしまいたくはないですし、

プロの演奏を聴いてみても、ほとんど音はかすれていないと思います。

 

それは、プロは音のかすれを極限まで減らすように気を付けているからです。

 


 

プロであっても、たまにどうしてもかすれてしまうことはありますが、

それはもう様々な要因による「不運」「偶然」です。

完全に音のかすれを0にすることは不可能です。

 

ただし、初心者の人が「ずっと音がかすれている状態」になっているのとは違います。

今回お伝えするのはその対処法です。

 

初心者で音がかすれてしまう時の対処法

①松やにが十分についていない

1番最初にチェックしなければいけないのは、

松やにが弓にしっかり塗られているかどうかです。

 

弓と弦をしっかりこするために、摩擦力を高めるのが松やになので、

それがしっかり塗られているかどうか確認しましょう。

 

弓の毛を手の甲に軽くこすって、

白い粉が目視できるくらいに付着していればOKです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://goshudiary.com/cello-goodsranking]

②弓への力のかけ方が悪い

次に考えられるのは、弓の持ち方が悪かったり肩に力が入りすぎたりして

力が分散されることで音がかすれるということです。

 

肩や、右手の親指の付け根部分などに

疲労感や痛みを覚えていたらそれが原因で間違いありません。

 

一度深呼吸して、肩の力を抜き

弓の持ち方が正しくできているか確認しましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://goshudiary.com/no-power-in-playing-cello]

③弓を返す時に力んでいる

弓をアップ・ダウンで返す時に力が入りすぎてしまうと

弓の返す速度が今までの速さから急に加速し、「ギシッ!」という音が発生することがあります。

 

これによってノイズだけではなく

音量のバランスも悪くなってしまいます

 

弓の移動はスムーズに、かつ

アップ・ダウンを等速で行う意識を持つとよいでしょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://goshudiary.com/cello-volume-problem]

④弓が弦に乗り切らないまま弾いている

特にテンポが速い曲で発生する現象ですが、弓が弦に乗りきらないまま演奏すると

弓が弦の上ではねてしまい、結果「ギッギッ!」というノイズが発生します。

 

速い曲をついつい跳ねるように演奏してしまうのは、セミプロでもやってしまいがちなことですが

しっかり弓を弦に密着させて細かく移動させるように演奏した方が綺麗に音が出ます。

 

テンポが速くても弓は弦に密着させるようにしましょう!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://goshudiary.com/fine-notes-how-to-practice]

 

関連記事

  1. 【チェロ練習~応用編②~】お客さんにどんな音色が届くかは姿勢で決まる!…

  2. 【弓を守ろう】チェロの弓の毛、いつ交換する!?目安と張り替える理由を解…

  3. 【チェロ練習~応用編③~】よりダイナミックな演奏へ!~『山と谷』を作る…

  4. 【完全解説】チェロで弓をまっすぐ弾くために、必要なすべて~細かい体の使…

  5. 【最短最速】上達への1番の近道&コスパ!チェロレッスン受講のススメ

  6. チェロブーム到来か!?小島秀夫監督最新作『DEATH STRANDIN…

  7. 【湿気大敵!】チェロを家で保管する時に気を付けたいお手入れのポイントを…

  8. チェロで美しい『レガート』を弾く方法【初心者用3点攻略!物足りない音か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP