【恋したい時に】Dan + Shay, Justin Bieberの『10,000 Hours』を和訳してみた

ダン・シェイとジャスティン・ビーバーのコラボ新曲が来るとは!

 

今絶賛恋している人、愛を感じたい人のために、

今日は2019年10月5日リリースの『10,000 Hours』の歌詞を一緒に見ていきましょう!

ヌビさん
和訳の次には、会話表現のポイント解説もあるよ!

Dan + Shay, Justin Bieberとは

今回『10,000 Hours』を歌うジャスティン・ビーバーは、

日本でも知らない人が少ないくらいの超人気歌手ですが、昨年9月に婚姻届けを提出したばかりです。

 

彼はモデルのヘイリー・ボールドウィンと結婚しており、

ミュージックビデオには妻となったヘイリーが出演しています。

 


 

今回ジャスティンとコラボするのは、

ダン・スマイヤーズシェイ・ムーニーのポップスデュオ「Dan + Shay(ダン・シェイ)」

 

ジャスティンと同じく、透明感のある歌声が特徴で、

2018年にリリースしたアルバム「Dan + Shay」の収録曲『Tequila』

USビルボードチャートTOP40入りを果たしました。

 

同曲は第54回アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アワード

「最優秀ソング賞」「最優秀シングル賞」を受賞しています。

 

『既婚男性』ということをいい意味で感じさせない、純粋で、透明感な、

そして思いの詰まった愛の歌となっています。

ジャスティン自身も「ウェディング・ソング」と記しています。年齢に関係なく響いてくる歌ですね!

ヌビさん
それでは早速、和訳を見ていきましょう!

歌詞の和訳

Do you love the rain, does it make you dance
When you’re drunk with your friends at a party?

キミは雨が好きかい?キミは友だちとパーティーで酒に酔ったりしたときに

雨に打たれて踊るのかな

 

What’s your favorite song, does it make you smile?
Do you think of me?

キミのお気に入りの曲は何だい?キミはそれを聴いて笑顔になるのかな?

その時に僕のことを考えたりするんだろうか

 

When you close your eyes, tell me, what are you dreamin’?
Everything, I wanna know it all

ねえ教えて、キミが眠りにつくときに、キミはどんな夢を見ているの?

僕はキミのすべてを知りたいよ……

 

I’d spend ten thousand hours and ten thousand more
Oh, if that’s what it takes to learn that sweet heart of yours

僕が愛するキミのことを理解するのに

10000時間、いやさらにもう10000時間かかるかな

 

And I might never get there, but I’m gonna try
If it’s ten thousand hours or the rest of my life
I’m gonna love you

キミをついには理解できないかもしれない

それでもやってみるさ、10000時間、いや僕の生涯をかけて。

ずっとキミを愛してる。

 

Do you miss the road that you grew up on?
Did you get your middle name from your grandma?
When you think about your forever now, do you think of me?

キミが今まで通ってきたその道を懐かしく思ったりするのかな?

キミのミドルネームは、おばあちゃんからもらったものかな?

キミがこれからの未来に思いをはせる時、僕のことを考えてくれているのかな?

 

Ooh, want the good and the bad and everything in between
Ooh, gotta cure my curiosity

良いことも悪いことも、そうでもないことまで、キミのすべてが欲しいんだ

僕の好奇心を満たしてくれ

 

押さえておきたいポイント

今回の歌詞は比較的読みやすいのでわかりやすかったですね!

 

今回は英語の会話表現でよくみられる表現が登場していましたので、この言い方を覚えましょう!

what it takes to 動詞の原形

~をするのに必要なもの

that’s what it takes to learn that sweet heart of yours

それが愛するあなたの心を理解するのに必要なもの

(※「sweet heart:恋人、愛する人」という意味があるのでそれも含めて意訳)

まとめ

『10000時間』は本当に計算してしまえば『約1年2ヶ月』くらいですが、
彼が言いたいのはそういうことではないですね(笑)

誰かに思いをはせる時に「永遠に」とか「ずっと」のようにいきなり直接的な表現をせず、
「10000時間」という表現を挟むことで
「キミとの時間を1からゆっくりと数えるように」という感じが強調されていて
大事にしたいという思いが伝わってきます。
恋したい時、愛する人と過ごす時、
誰かに思いをはせたり、一緒に思いを共有したりするのに聞いてみてはいかがでしょうか?

海外を10か国以上巡ったヌビアがおすすめする
海外旅行の最新情報はこちらのサイトから↓
【c】【公式】トリップアドバイザー
最新情報をチェックしよう!
>ゴーシュの日記

ゴーシュの日記

プロのチェロ奏者・作曲家である管理人が皆さんのお役に立つ情報を配信してまいります。クラシックだけでなくロック・ポップス・EDM・R&Bなどなど、ジャンルにとらわれず、様々な音楽や楽器の魅力を知って頂くきっかけになればいいなと願っております。

……あ、それともう1つ。SNS・YouTubeなど、よろしければぜひ。