【和訳】Alfie Templeman『Obvious Guy』を和訳&解説!~若干17歳の天才が放つリリック~

こんにちは、作曲家・作詞家のヌビアです。

 

今回は今大注目の若手アーティスト「Alfie Templeman」の新曲

『Obvious Guy』について和訳・解説していきたいと思います。

 

17歳が書いたとは思えない、シンプルながらもセンスあふれる、キャッチーな歌詞にご注目!!

Alfie Templemanとは

Alfie Templeman(アルフィー・テンプルマン)は、イギリスのシンガーソングライター・プロデューサーで

この曲を発表した時点では、なんと17歳でした。

 

幼少期から家族の影響でギター・トランペットのサウンドに触れ、

自身もドラムを習い、ボーカリスト・楽曲制作プロデューサーとしての活動も開始。

 

R&B90年代のサウンドに影響を受けた彼の音楽は

どこかレトロな感じを漂わせつつも、キャッチ―で親しみやすい仕上がりとなっています。

 

歌詞の和訳

I don’t wanna be the one to say goodbye
I don’t wanna be an obvious guy
I don’t wanna say everything twice
I don’t wanna be an obvious guy

さよならを言うヤツにはなりたくない

ありふれたヤツになりたくないんだ

何でもオウム返しするヤツには

なりたくないんだよ

 

It’s like I’m lost
I’m at your cost
All the seconds turn into a day

僕は迷子なんだろう

君のせいだ

ムダな時間であっという間に1日が過ぎていく

 

I’d like to change
But I can’t say
What you’ve done to make me feel this way

変わりたいんだ

でも言えないよ

君のおかげで今の僕がある、だなんて

 

I’m not satisfied
I speak my mind
It’s hard to find

満たされないよ

はっきり言って

答えはなかなか見つからない

 

A love that’s felt this way
I can’t say, it changes every day

今感じているこの愛が

言えないよ、毎日を変えてくれているなんて

 

I’m not satisfied
I speak my mind
It’s hard to find
I don’t wanna be that guy

満たされないよ

はっきり言って

答えはなかなか見つからない

そんなヤツにはなりたくないのに

 

I don’t wanna be the one to say goodbye
I don’t wanna be an obvious guy
I don’t wanna say everything twice
I don’t wanna be an obvious guy

さよならを言うヤツにはなりたくない

ありふれたヤツになりたくないんだ

何でもオウム返しするヤツには

なりたくないんだよ

 

I’m feeling numb
It’s getting dumb
How am I to promise all this time?

何も感じない

何も言えない

こんな調子じゃ約束もできないじゃないか?

 

I want to feel
Something that’s real
Something that I always wished was mine

何かリアルなものを感じたいんだ

望んだものはいつも手に入ってきたから(※親から買ってもらえたの意)

 

(繰り返し)

 

I don’t wanna be that!
I don’t wanna be that!
I don’t wanna be that!

そんな風にはなりたくない!

×3

ポイント解説

恋愛・思春期・自立……これから大人になっていくであろう若者の、心の葛藤が描かれていますね!

「ありふれた人になりたくない」という特有の反骨心が、スッと心に入ってきて共感できます。

 

 

好きな人ができて、毎日が変わっていくけれどなんだかそれを言葉にするのも照れ臭い。

親に頼らず自分で何かを得たいと思うけど、それもできない。

 

こういう気持ちを経て、みんな大人になっていくんでしょうね。

淡々と気持ちをつづるような、絶妙な言葉選びが心地よいです!

 

Obvious=わかりやすい、明白な

「Obvious」というのは、「わかりやすい、理解しやすい、明白な」という意味です。

直感的にわかりやすいこと、容易に判断がつくことを意味しています。

 

(例)This is the obvious fact.

これは紛れもない事実です

 

聞きなじみがない人もいるかもしれませんが

とてもよく使う単語なので覚えておきましょう!

 


 

海外を10か国以上旅行、イギリス・オランダの留学経験がある

ライターオススメの英会話教室はこちら↓

社会人に特化したフィリピン・セブ島留学【MeRISE留学】

 

留学に関するほかの記事もよければ覗いてみて下さいね。

それでは!See ya!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://goshudiary.com/europe-study-abroad-preparation]

 

関連記事

  1. 【和訳&解説】Why Don’t We『Fallin…

  2. 【神曲誕生】TheFatRat & Anjulie『Clos…

  3. 【刃牙】Fear, and Loathing in Las Vegas…

  4. 【和訳・解説】Billie Eilish『my future』~自分と…

  5. 【Death Stranding】Bring Me The Horiz…

  6. 【和訳】Boys Like Girlsの「Love Drunk」を和訳…

  7. 【和訳解説】SZA『Hit Different』(ft. Ty Dol…

  8. 【和訳】Dixie D’Amelio『Be Happy』を…

コメント

PAGE TOP