【Death Stranding】Bring Me The Horizonの『Ludens』を和訳・解説!~デス・ストランディング~

デス・ストランディングのサウンドトラック『Timefall』の中でも、特に注目なのがこちら!

今回はBring Me The Horizon『Ludens』を和訳・解説していきます!

 

『Death Stranding(デス・ストランディング)』とは

『デス・ストランディング』は2019年11月9日発売のPS4ゲームソフト。

あの『メタルギアソリッドシリーズ』を手掛けた鬼才・小島秀夫監督が、

コジマプロダクションとして発売する記念すべき第1作です。

 

2019年発売のゲームの中でも注目度はバツグンに高く、

有名な海外俳優や日本人声優も惜しみなく起用されています。

その正体は、従来のオンラインプレイとも1人プレイとも違う、全く新しい「ストランドゲーム」

 

「繋がり」をテーマとして壮大な物語をベースに作られた本作は、発売当初こそ賛否両論だったものの

その実態が明らかになるにつれて絶賛の嵐へと変わっていっています。

 

同じく『デス・ストランディング』のサウンドトラック『Death Stranding: Timefall』に収録されている

『Ghost』『Death Stranding』なども和訳しておりますので合わせてご覧ください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://goshudiary.com/ghost-alanwalker-lyrics]

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://goshudiary.com/chvrches-death-stranding-lyrics]

 

PS4専用ソフト『デス・ストランディング』のご購入はこちら

 

Bring Me The Horizonとは

Bring Me The Horizon(ブリング・ミー・ザ・ホライズン)、通称「BMTH」はイギリスのロックバンド。

 

キャッチ―さもありつつ、メタルコアにエレクトリックな要素を取り入れるなどの柔軟性もある

オリジナリティーとパワーがあふれるバンドです。代表曲は『Medicine』

 

ヌビさん
それでは早速和訳に移りましょう!

歌詞の和訳

 

Some resist the future,
Some refuse the past,
Either way it’s messed up
If we can’t unplug the fact

ある者は未来に抗い

またある者は過去を拒むが

「常識というプラグ」を引き抜くことができなければ

どちらにせよめちゃくちゃだ

 

That a world covered in cables
Was never wired to last
So don’t act so surprised
When the program starts to crash

そう、あらゆる「ケーブル」に覆われているこの世界が

ずっと続くなんてはずはない、っていう「プラグ」さ。

だからプログラムが崩壊を始めても

それほど驚いた顔をするなよ

 

How do I form a connection
When we can’t even shake hands?
You’re like a phantom greeting me

もし僕らが直接手を握ることも出来なくなったら

どうやって「繋がり」を作ればいい?

キミは僕に会いに来た幻のようだ

 

We plot in the shadows
Hang out in the gallows
Stuck in a loop for eternity

僕らは影の中で何かをたくらみ

そして結局絞首台へと帰ってくる

永遠というループから抜け出せないまま

 

Do you know why the flowers never bloom?
Will you retry, or let the pain resume?
I need a new leader, We need a new Luden

キミは知っているか、どうして花が咲かないのかを

キミは新たに挑むのか、それとも同じ痛みを繰り返すのか

僕には新しく導く人が、僕らには新しい文明が必要だ。

 

So come outside it’s time to see the tide
It’s out of sight but never out of mind
I need a new leader, We need a new Luden

だから、外に出て潮を見に行こう

目には見えないけれど、記憶には確かにある潮を

僕には新しく導く人が、僕らには新しい文明が必要だ。

 

Sticks and stones may break my bones
But soon the sting will pass
But names can dig so many graves you won’t know where to stand

批判で僕の骨を折ることはできないけれど、

とげが刺す痛みはすぐに体を走って

でも、お前が見つけられない墓標に、名前は導きを与えてくれる

 

And I don’t feel secure no more
Unless I’m being followed
And the only way to hide myself is to give em a hell of a show.

誰かに「フォロー」されない限り(必要とされない限り)

もう安全なんて感じられない

自分自身を隠す方法は、くそったれな演技をすることだけなんだ

 

You call this a connection?
Give me a break.

キミはこれを繋がりと呼ぶのか?

勘弁してくれ、壊してしまいたいよ。

 

ポイント解説

今回の歌詞を和訳していて思ったことは

「これ、すごく良くできてる!!」です。勉強の教材としても良いかもしれません!

Sticks and stones may break my bones

これ、そのまま訳すと「木の棒や石は、私の骨を折るかもしれない」となるのですが、

実はこのフレーズには続きがあります。

 

ことわざなので覚えてしまいましょう!

 

Sticks and stones will break my bones, but words never hurt me.

木の棒や石は骨を折ることがあるかもしれない、しかし、言葉で傷がつくことはない

=批判を恐れはしない

 

Give me a break

これも良く使う言い回しなので、そのまま覚えてしまいましょう!

 

Give me a break.

勘弁してくれよ

ただ、この言葉がこの歌詞に出てきたのにはさらに意味があるように思います。

 


 

その前で「You call this a connection?(これを繋がりと呼ぶのか?)」という歌詞が来ています、

これを「Give me a break(勘弁してくれよ!)」と続けることで

 

「勘弁してくれよ」

「そんな繋がりはBreak(壊す)したいよ」

という2つの意味を持たせているのではないでしょうか!

 

ヌビさん
そう考えるととてもよく工夫されていますね!

さいごに

歌詞だけでは少し難しい部分もありますが、
本編を楽しんでいると「なるほどそういう意味だったんだ」と納得できる場所がたくさんあると思います
是非ゲーム本編と一緒にお楽しみください!
PS4専用ソフト『デス・ストランディング』のご購入はこちら
(画像:『DEATH STRANDING』公式サイトより引用)
https://www.jp.playstation.com/games/death-stranding/

関連記事

  1. 【和訳&解説】Why Don’t We『Fallin…

  2. 【和訳】Boys Like Girlsの「Love Drunk」を和訳…

  3. 【和訳&解説】Justin Bieber & benny b…

  4. 【EDM好きならオススメ!】TheFatRat『Rise Up』を和訳…

  5. 【テラスハウス】人気バンド「CHVRCHES」の『Death Stra…

  6. 【大人の激しい恋】Eminemの『Those Kinda Nights…

  7. 【Death Stranding】Low Roarの『Bones』を和…

  8. 【神曲誕生】TheFatRat & Anjulie『Clos…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP